WiMAX開始時に必要な費用はどのくらい?

MENU

WiMAX開始時に必要な費用はどのくらい?

WiMAXは、ADSLや光回線と違い、宅内への回線引き込み工事を必要としないというメリットがあります。そのため、回線工事に関わる費用が不要となるため、導入時、料金的なハードルが低くなっています。では、WiMAXを開通させるまでに必要な費用は、具体的にどのくらい必要となるのでしょうか?

 

 

 

WiMAXを開通させるのに必要な費用は、一般的に「事務手数料」「WiMAXルーター購入料金」「ルーター送料」といったものになります。それぞれ、標準的な料金は以下の通りとなります。

 

  • 事務手数料: 3,150円
  • WiMAX端末料金:15,000円~25,000円程度
  • ルーター送料:プロバイダーやルーター購入先によって異なる

 

これらを合計すると、およそ20,000円~30,000円程度となりますが、WiMAXではルーターは「レンタル」ではなく「買い切り」ですので、初回以降ルーター関連で必要となる料金は発生しない仕組みとなっています。
これは、毎月数百円単位のモデムレンタル料や機器使用料が発生する、ADSLや光回線よりもお得な部分だと言えるでしょう。

 

では、WiMAXは申し込みの際、誰でも20,000円~30,000円程度の初期費用が必要となるかというと、必ずしもそうではありません。
WiMAXでは、複数のプロバイダーから自分の好きなISPを選択することができますが、新規申し込みの際に適用されるキャンペーンによっては、初期費用0円でWiMAXを開始することができます

 

例えば、GMOとくとくBBや@nifty、hi-hoといったプロバイダーは、事務手数料0円キャンペーンを頻繁に行っていますし、他のプロバイダーでも端末機器代金0円キャンペーンを実施しているケースが少なくありません。
そのため、キャンペーンのタイミングによっては「事務手数料・WiMAX端末料金・送料」がすべて無料ケースもあり、初期費用0円でWiMAXを始められるチャンスも少なくありません

 

さらに、WiMAXのプロバイダーが実施しているキャンペーンには、初期費用が0円になるだけでなく、+αとして高額キャッシュバックがついてくるものや、一定期間月額費用が割引なるものなど、非常にお得度の高いものが目立ちます
WiMAXを始める際には、プロバイダーのサービス内容や既定の料金表などだけでなく、キャンペーンなどもしっかりチェックし、初期費用やランニングコストを抑えられるようにしたいですね。